置き換えダイエットとは2014-11-102014-12-16ogata

食事をダイエット食品に置き換える

摂取カロリーを簡単に節約する方法として、置き換えダイエットというものがあります。1日3食食べるところ、1食から2食をダイエット食品等に置き換えるダイエットです。

ダイエット用に作られた食品であれば、もともとカロリーも高くないことが多いので、食事の回数を減らすことなく摂取カロリーを落とすことができます。しかも最近では、ただ痩せるだけではなく健康的に痩せたいと考える人も増え、ダイエット食品もただカロリーが低いだけではなく栄養価も高いものになっています。栄養の偏りを気にせずに食事コントロールができるのは非常に楽であり、簡単です。

飽きないようにすることが大事

ただ、腹持ちのあまり良くない置き換えダイエット食品もあることは事実。種類が多すぎて自分に合うものを選ぶのは難しいこともあります。また、置き換えるのは簡単だけれどお腹が空いて続かないのであれば違うものに変えてみたり、食べ方に変化を付ける必要もあります。

そして空腹への心配と同時に注意したいのは飽きないようにすることです。毎回同じものに置き換えてダイエットをする場合は、飽きてしまったら元も子もありません。味に変化があるものだったり飽きずに続けられそうかも選ぶポイントになります。

ダイエット食品でなくても、白米の代わりにコンニャクやキャベツを食べる、お肉の代わりにお麩を使う等、一部ローカロリーなものに変えるというのも置き換えダイエットの1つです。

私も白米を完全に抜くのは辛いと思った時、しらたきをお米の代わりに食べていたことがあります。3食白米を食べるよりはカロリーを確実に節約することができました。ただ、味は白米の味ではなかった為長く続きはしませんでした。

幸いなことに今は置き換えレシピも豊富にあるのでそれほど我慢しなくても美味しく長続きする置き換えダイエットができるでしょう。
juice