断食と酵素について2015-04-222015-04-22ogata

断食と酵素 どっちがいいのか

ダイエットの手法で断食、いわゆるファスティングダイエットがあります。断食と聞くとお寺にこもって3日間、修行僧のように食事を抜き、山道を歩いて精神も鍛えるようなイメージを持ちますが、実際に断食している最中に何も食べない場合と酵素を飲む場合にはどちらが良いでしょうか。比較してみました。

断食の良い点

断食はその名の通り、食事を断つものですがこれは健康に悪いと言われるケースがあります。ただ、人間は基本的には野生動物と同じく哺乳類です。食事はリズムを作るために朝、昼、夜と食べるのが当たり前ですが、実際に3回食べなくても健康に影響を与えたり、体に害があると言う訳ではありません。実際、野生動物の場合はお腹が空いた時に狩りをして食事をします。お腹が空いた時にです。これは人間にも当てはめる事ができ、実際にこの食事方法をとっている人は少なくありません。サッカーの元日本代表の中田選手もそうと雑誌で見たことがあります。断食はカロリーはとれないですが、内臓とくに胃や腸を休める事ができ、体内の活発化につながると言われています。体内の活発化は普段毎日活動しているものを休めて運動能力を高めようとする動きです。そのため、普段食事をとる時と断食をした後の消化能力には差がでるとまで言われています。そして、肝心のダイエットについては普段余分なカロリーを摂取しているものを控える事によって体重が落ちやすいメリットがあるようです。そして、宿便と言われる胃や腸にこびりついた排泄物も外に出してくれるので定期的に実施するには良い効果があるようです。

断食×酵素

酵素は体には無くてはならないもので、断食中に酵素を摂取する事は効果的と言われています。それは、酵素を摂取する事によって体内の老廃物を外に出してくれる役割があるからです。外に出す役割は色々な栄養素の働きでおこりますが、酵素の場合は特に重要と言われています。断食中に酵素を摂取する事によって各臓器へ酵素の栄養素が行きわたり断食中の効果を高めてくれます。

注意点

断食、そして断食中の酵素を摂取する際にも水分不足には注意が必要です。宿便などの排せつ物などは水分が無いと固まってしまって出にくくなってしまいます。そのため、水分は意識をしてとりすぎぐらいに思えるほどとった方が良いと言われています。人間は1日に約2リットルの水が必要と言われていますが、その半分は食事からとっていると言われています。そのため、断食中は意識をして最低でも1日2リットルは飲んだ方が良いです。